シェアハウス選び

シェアハウスを選ぶことも大切です。契約の中にいろいろな約束ごとがあるかは、とても重要です。共同生活をするなら、特に約束ごとがないとトラブルの原因になります。さて、他にもどのようなことをチェックすべきなのでしょう。まず自分の部屋に行くときにリビングを通るか。みんなと顔を合わせたくないときだってあるはずです。部屋にはリビングを通らない設計の方がおすすめ。

またお風呂などの鍵はしっかりついているか、トイレはいくつあるかなどもチェックしましょう。トイレは別々という場合もあります。また共有部分の清掃は専門業者が入っているか、それとも当番制でしょうか。やはり当番制は面倒で苦痛になるとも言われています。また洗濯機は何台あるでしょう。少ないとタイミングによって、なかなか洗濯できないということに。そのため入居者の人数によって、しっかり設置されているかもチェックしましょう。

そして住人の質を見るなら、トイレやキッチンをチェックしましょう。トイレの使い方が汚いところは住人の質もあまり期待できません。またキッチンの流しなど、きちんとされているかチェックしましょう。また外国の人とシェアハウスで言葉の勉強がしたくても、自分の勉強したい言葉の国の人が多いかチェックしましょう。英語を勉強したくても、アジア人ばかりのシェアハウスではがっかりすることにも。

シェアハウスの難点

シェアハウスは良いところがとても多いと言われていますが、やはりデメリットなどシェアハウスの難点もあります。まず夜中などは静かに音を立てずに帰ってくることが必要です。もちろん夜中の洗濯などは禁止ですが、入浴なども時間制限があるところもあります。

またダイニングルームでゆっくりしたいと思っても、夜中は自室に入るようにしなければなりません。そこで朝夜が逆転している仕事の人などは、シェアハウスは難しいのではないでしょうか。また共有部分の掃除も住居者の当番制のシェアハウスなどは、面倒だと感じる人もいます。

また他の人が使った風呂やトイレは落ち着かないという人も、シェアハウスは厳しいかも知れません。またシェアハウスの共有部分では禁煙がほとんど。喫煙者にとっては厳しい可能性も。他にも独りになることが好きな人は、はやり単独で部屋を借りた方が向いているのではないでしょうか。

また友達を部屋に呼べるところがほとんどですが、大勢部屋に呼ぶことが多い人などはシェアハウスは難しいでしょう。このようにシェアハウスに向いてる人と、向いていない人がいるのでよく考えてから決めなければなりません。魅力もいっぱいありますが、やはりデメリットもあるということになります。

シェアハウスの利用者

今人気のシェアハウスですが、どのような利用者が中心となっているのでしょう。特にシェアハウスの入居者は男性4:女性6と言われており、女性の方が多くいのです。もちろんそれぞれのシェアハウスによって違いますが、女性だけのシェアハウスもあります。また日本人だけでなく、世界中の人とシェアハウスで知り合うことができる国際的なシェアハウスも人気です。

関連リンク【シェアハウスなら女性も安心の設備と上質な空間のDKハウス

外国人の多いシェアハウスは外国語を直に勉強できるところもメリットとなります。また年齢的には20代~30代が多いとのこと。もちろん40歳以上や50歳以上という年齢制限のあるシェアハウスもあります。これからは元気なシニアもたくさんいるので、このようなシェアハウスも増えてくると考えられているのです。

シェアハウスはダイニングルームに行けば、シェアメイトとおしゃべりもできるという魅力があります。もちろん人と話したくないときには、自室に居ればいいだけです。自室も10畳程度あるシェアハウスならゆったりできます。そして安全面はしっかりキープされているので、鍵さえかければプライベートもしっかり守られ安全です。女性の利用者が多いことからも、その安全は問題ありません。もちろん家賃もマンションの1室を借りるより割安というところも魅力です。