シェアハウスの難点

シェアハウスは良いところがとても多いと言われていますが、やはりデメリットなどシェアハウスの難点もあります。まず夜中などは静かに音を立てずに帰ってくることが必要です。もちろん夜中の洗濯などは禁止ですが、入浴なども時間制限があるところもあります。

またダイニングルームでゆっくりしたいと思っても、夜中は自室に入るようにしなければなりません。そこで朝夜が逆転している仕事の人などは、シェアハウスは難しいのではないでしょうか。また共有部分の掃除も住居者の当番制のシェアハウスなどは、面倒だと感じる人もいます。

また他の人が使った風呂やトイレは落ち着かないという人も、シェアハウスは厳しいかも知れません。またシェアハウスの共有部分では禁煙がほとんど。喫煙者にとっては厳しい可能性も。他にも独りになることが好きな人は、はやり単独で部屋を借りた方が向いているのではないでしょうか。

また友達を部屋に呼べるところがほとんどですが、大勢部屋に呼ぶことが多い人などはシェアハウスは難しいでしょう。このようにシェアハウスに向いてる人と、向いていない人がいるのでよく考えてから決めなければなりません。魅力もいっぱいありますが、やはりデメリットもあるということになります。